後遺症に悩まされないために

後遺症で悩まされないためには、どうすれば良いでしょうか。今の社会では、交通事故を毎日0件にするということは難しい注文かもしれません。
なぜなら、私達の側がどれだけ気を付けていても、全員がそれに気を付けなければ、意味が無いからです。

全ての人が同じ安全への意識を持つことによって、それが達成されるからです。今では、事故を未然に防ぐような技術が、さらに発展し続けています。衝突を避けるためのシステムや、そもそも私達が危険運転をしなくてよくなる自動運転、そういった技術が今後も実用可能な段階まで発展すれば、そのような社会に、少しは近づけるかもしれません。

交通法規は、私達の安全を守るためにあるものです。それを守ることで、自分だけでなく、誰かの安全も守ることができる、という点を理解して、安全運転を「心掛ける」…ではなく、「絶対に行う」ようにしていきましょう。少なからず、それによって私達が交通事故を引き起こす側になってしまう可能性は、0に近いくらいにまで、下げることができます。

同時に、もし交通事故等で後遺症を負ってしまった方でも、普通に快適な生活を送れるような、社会づくり、仕組みが構築されていくことが、望まれます。